事業内容:リサイクル事業

新しいカタチに処理して、新しい価値を!

ゴミをできるだけ出さない、減らす、どうしても出たものはできるだけリサイクルという環境重視の流れから、われわれの業界もここ数年リサイクル事業が加速しています。リサイクルで様々な製品が製造されますが、その製品は使用されて初めてリサイクルなのです。
私たちはより良いものを安く、早く、安全にをモットーに日々研究、開発に取り組み、「ゴミ」といわれていたものに新たな価値を持たせ、社会に還元しています。

リサイクル品目

  • コンクリートがら
  • アスファルトがら
  • 廃プラスチック類
  • 金属くず
  • 紙くず
  • 木くず
  • 繊維くず
  • 石膏ボード
  • 汚泥

リサイクル方法

廃プラ・紙くず・木くず・繊維くず 分離選別した後、破砕・圧縮成形して、RPFにリサイクルしています。
無機性汚泥(建設汚泥) 造粒固化して、粒状処理土にリサイクルしています。
コンクリートがら・アスファルトがら 破砕して、再生砕石にリサイクルしています。
木くず 破砕して、チップにリサイクルしています。
石膏ボード 剥離焼成して、再生石膏にリサイクルしています。
金属くず 切断して、製鋼原料にリサイクルしています。

使用する施設のご紹介

  • RPF製造施設
    RPF製造施設
    RPFとは、廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くずを主な原料とした固形燃料です。リサイクル燃料「RPF」を製造する事により廃棄物の最終処分量の大幅削減に努めています。
    (処理能力)
    分離選別 72.0t/日
    破砕・圧縮成形 4.8t/日
  • コンクリート破砕機
    コンクリート破砕機
    コンクリートを破砕し不純物を取り除き道路用砕石、盛土材などに利用できる再生砕石を製造しています。
    (処理能力)
    1,400t/日
  • アスファルト破砕機
    アスファルト破砕機
    アスファルトを破砕し不純物を取り除き舗装用材などに利用できる再生砕石を製造しています。
    (処理能力)
    400t/日
  • 木くず破砕機
    木くず破砕機
    木くずを破砕しリサイクルチップの製造や埋立物の前処理としての破砕で活躍しています。
    (処理能力)
    木くず 1,788t/日
    廃プラスチック類 854.4t/日
  • 金属くず切断機
    金属くず切断機
    鉄くずの切断及び圧縮を行います。処理を行った鉄くずはリサイクル業者へ引き渡します。
    (処理能力)
    16.0t/日
  • 石膏ボード剥離焼成施設
    石膏ボード剥離焼成施設
    建設現場や解体現場で発生した廃石膏ボードを破砕し、紙と石膏に分離。分離した石膏は、地盤改良材、景観資材へと再生します。分離した紙は、リサイクル業者へ引き渡します。
    (処理能力)
    8t/日
  • 無機性汚泥造粒固化施設
    無機性汚泥造粒固化施設
    粘性度の強い無機性汚泥からばいじん等の紛体まで造粒固化し改良土として再資源化します。
    (処理能力)
    汚泥 32.4t/時間
    汚泥、鉱さい 14t/時間
    ばいじん 20.6t/時間、16t/時間